失業保険ガイド
失業給付金を受給する方法

退職後の生活資金になる失業保険。再就職するまでの定められた期間、生活費を国が支給するものです。

この失業保険は正確には「雇用保険の基本給付」といい、「失業給付金」と呼ばれます。これまで会社に勤めていた人が万が一失業した場合のライフラインとして、再就職するまでの生活費を国が支給するというものです。

ただし、再就職するまでとはいっても、いつまでも受給できるわけではありません。退職した理由や雇用保険の加入期間、年齢によって受給できるまでの期間や日数に違いがあります。

『失業保険ガイド』では、失業給付金の手続きとポイントをご紹介します。

受給条件を確認しましょう!

まずは失業保険を受給できるかどうかを確認します。失業保険を受給するには条件があり、人によっては受給できないケースもあります。

失業保険をもらうためには、大まかに2つの条件をクリアしていないとなりません。

ハローワークで手続きをしましょう!

失業保険をもらうにはハローワークで手続きを済ませておく必要があります。その際に必要なのが『離職票』。離職票とはどういったものなのか確認しておきましょう。

また、他にも手続きに必要となるものがありますので、忘れずに持参しましょう。

いくらもらえるの?失業給付金を計算してみましょう!

失業保険は収入や年齢、雇用保険に加入していた期間、退職理由などによって大きく異なります。

退職後、自分はどのくらいもらえるのかを大まかにでも計算しておくと良いかもしれませんね。